ケアの重要性

アイホールにアイシャドウ

乾燥肌が水分不足になっている理由には、肌のバリア機能の低下があります。 肌には天然の保護機能であるバリア機能が働いていて、水分を逃さないように潤いを閉じ込めていてくれるのですが、角質層が乱れている乾燥肌の場合、バリア機能が弱まっているため、水分が蒸発しやすくなっていて、乾燥が起こってしまいます。 そのため、保湿力の高い基礎化粧品でスキンケアを行なうのがおすすめです。 また、保湿成分以外に注目したいのがビタミンC誘導体です。 美白効果があることで知られていますが、ビタミンC誘導体は肌のセラミドを増やす効果も持っています。 セラミドは肌のバリア機能を担っている重要な成分の一つなので、保湿成分と一緒にビタミンC誘導体を取り入れることで、保湿効果がアップします。 そのため、ビタミンC誘導体配合の化粧品もスキンケアに取り入れるのが良いでしょう。

水分が不足している乾燥肌には、化粧品で水分を補ってあげる必要があります。 しかし、水分だけいくら補っても、保湿成分がふくまれていなければ、水分を肌に閉じ込めておくことはできません。 そのため、乾燥肌に向いた化粧水は、保湿成分がしっかりと配合されている保湿化粧水がベストです。 水分とともにヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分を肌に送り込むことができるので、保湿力がより高まります。 保湿化粧水を使うと肌がべたつくという方がいらっしゃいますが、保湿成分が肌表面に残っている状態です。 せっかくの成分をしっかりと肌に浸透させるためには、角質ケアなどを一緒に行なうのが良いでしょう。 定期的にピーリングを行なったり導入化粧品を使用したりして、化粧水が肌に浸透しやすい状態を作るのが大切です。